段々と日も短くなり、秋も深まる今日この頃。

ついこの間までバカみたいな暑さにうんざりしていた私ですが、最近は朝起きたら寒くて凍えそうでございます。

しかし、この季節はやはり過ごしやすいですね。

これからの季節、オススメしたいのがアイリッシュコーヒー☕です。


アイリッシュコーヒーとは、皆さんもうご存知だと思いますが、アイリッシュウイスキーをベースにしたコーヒーカクテルの定番中の定番です。

IMG_20190410_142429

アイリッシュコーヒーの考案者は、アイルランド🇮🇪南西部、シャノン川河口のフォインズ水上飛行場のパブのシェフ、ジョー・シェリダン。


1942年、当時アメリカ―イギリス間の大西洋横断航空路の寄港地だったフォインズ水上飛行場で、燃料補給の待ち時間に乗客に身体を温めてもらおう、というシェリダンの素晴らしい心遣いから、アイリッシュウイスキーをベースとしたこのカクテルが生まれました。

というのも、当時のプロペラ飛行艇は気密構造ではなく、暖房はあまり効かず、さらに水上で給油する間、乗客は安全のためボートで移動して陸上待機しなければならなかったため、天候が悪い日や寒い日は乗客は凍える羽目になっていたのです。

1952年にはサンフランシスコの「ブエナ・ビスタ・カフェ」にレシピが伝わり、そこから今日では世界中で飲まれるホットカクテルの一種となりました。

1569476200103

アイリッシュコーヒーに使われるアイリッシュウイスキーで個人的にオススメしたいのがレッドブレスト。

1世紀以上に渡りアイルランド独自の伝統的な製法スタイルを守り続けている、トラディショナルなブランドです。

「レッドブレスト」という名前は、コマドリの赤い胸の事を差し、シェリー樽で熟成することによりウイスキーが赤みを帯びることに因んでいるそうです。

レッドブレストの中でも、個人的に一番好きなのが、「ルスタウ・エディション」。

ルスタウ・エディションは、原酒をバーボン樽とシェリー樽の組み合わせで9~12年熟成後、スペインの有名シェリー・メーカーのルスタウ社がオロロソ・シェリーを熟成させていたファースト・フィルの樽でもう一年追熟させたものです。

アイリッシュウイスキー独特のクリーミーな口当たりと、シェリー樽由来の瑞々しいフレッシュフルーツの芳醇でまろやかな味わいが特徴的です。

ビターで重厚なコーヒーに甘味を加え、柔らかめに仕上げた生クリームとの相性は抜群なので、是非お試しください😊


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット