はじめまして、スタッフSです。
おいしいコーヒーを飲んでいると、一緒にちょっとした甘いものを食べたくなりますよね。
そんなときに、参考になるようなお菓子をここでご紹介できたらいいかなと思いました。

今回ご紹介するのは、当店の人気メニューの一つでもあるガトー・ショコラです。
一口にガトー・ショコラといっても種類が豊富で、派生してできたお菓子もたくさんあります。もともとガトー(Gâteau)がフランス語で「お菓子」の意味、ショコラ(chocolat)が「チョコレート」の意味をもつので、焼いたチョコレートのお菓子全般をさす意味合いを持っています。

当店でお出ししているガトー・ショコラは、小麦粉やメレンゲを使わずに、チョコレートとバターを主体とした非常にリッチな配合で作っています。
ケーキというよりはテリーヌショコラ(ほぼチョコレートガナッシュのような、ペースト状の生地を固めたもの)に近いつくりですね。
そのため、ねっとりと濃厚な、チョコレート好きにはたまらない口溶け抜群の味わいです。
1567141521143


一方多くの方がガトー・ショコラと聞いて頭に思い浮かべるのは、いわゆるチョコレートケーキかなと思います。
こちらのお写真のほうは、卵白を泡立てたメレンゲを混ぜ込んで焼いたものなので、濃厚リッチというよりはもう少し軽めの食感になります。 
空気をたくさん含んでいるのでふわふわと柔らかく、舌の上でするっとほどけるようなイメージです。
フランスでもこのタイプが一番多く、正式にはガトー・ショコラ・オ・クラシックなんて呼ばれたりもしてます。
1567141525061


その他にもフランス、ロレーヌ地方ナンシーの郷土菓子でガトー・ショコラ・ド・ナンシーと呼ばれるものもあります。こちらはクグロフ型という独特な型が使われ、アーモンドパウダーが配合されるため、より香り高いしあがりでコーヒー紅茶のお供にぴったりです。フランス菓子を多くあつかうお菓子やさんに置いてあることもあるので、気になった方はぜひ調べてみてください。

このようにガトー・ショコラといってもこんなに種類があるんですね。

ぜひガトー・ショコラにペアリングしたいコーヒーが、当店のブレンドコーヒーであるToro とVasco です。
Toroは、チョコレートにも負けないビターテイストと、華やかに香るベリーのような甘酸っぱい香りがガトー・ショコラをうまく引き立ててくれます。
Vascoは、ビターチョコレートのような甘みとほろ苦さのある味わいが特徴で、ガトー・ショコラにうまく寄り添ってくれます。

ぜひおためしくたさいね。
なお、お写真ニ枚目メレンゲタイプのガトー・ショコラの販売は行っておりませんので、ご了承くださいませ。
読んでいただきありがとうございました。



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット